医療の世界について

あなたは小さい頃、医師や看護士になりたい、或いは憧れたことがありますか。現実の世界で医師や看護士によって病気や怪我を治してもらった体験は誰しもが持っているでしょう。またTVや映画で献身的に患者の病気や怪我を治す医師や看護士の姿に心を打たれたことがあるかも知れません。医師や看護士は皆さんの身近にいるものです。ですが医師や看護士の仕事、生活、収入、そしてどうしたら医師になれるか等、彼らについて意外と知らないものです。ということで、医師や看護士になりたい、或いは今からでも医師や看護士の募集に応募したい・転職したいという人のために、医師、看護士という職業の概略についてお話していきます。転職の募集をしているところも多くあります。

その前に現在の医療業界の概略と社会の変化について、少しだけでも知っておく必要があります。現在、二つの要因から医療の世界は大きく変わろうとしています。一つは、医療技術の加速度的な進歩、そしてそれがもたらす様々な変化です。科学技術大国日本。世界にも誇る日本の技術は、当然医療の分野にも投下されてきました。科学的な研究も進み、現在では医療現場は診断、治療、検査、リハビリ、救急、薬剤などに細かく分業化されています。また診療科目にも新しくリュウマチ科ができるなど、現状の変化に応じて、細分化が進んでいます。今後は科学や研究の発達とともに、これらの傾向がますます進んでいくことになるでしょう。
また通信網等の整備によって、インターネット医療や遺伝子治療等、数年前までは考えられなかった先端医療の世界も目前に開かれつつあります。こうした日進月歩の変化によって、数年後の医療の世界は、医師や看護士を中心とする医療現場の仕事は、現代の私たちにも想像することすら困難な状況に変わっているかもしれません。

二つ目はこれも身近で体感できることですが、高齢社会とそれへの対応です。今後医師の数は全体的にはやや余剰気味になるが、心身両面のケアができる総合医師の数は不足すると言われています。また看護士の場合で言えば、今後は病院での対応のみならず、訪問看護へのニーズが高くなる、よって看護士には訪問看護の知識、スキルが求められていく、といったところです。これら以外にも、本格的な高齢社会の到来によって、医療の世界では様々な変化が生じることになるでしょう。

ここからは以上のような医療の最新情報を念頭において、医師や看護士を中心とした医療の仕事と、その新しい姿を紹介していきます。ここで紹介する内容が、医療の世界を志す皆さんに少しでも役立つことを願っています。

>>医療機器に使える滅菌装置

recommend

お揃い パーカー
http://www.forcus.co.jp/info-prd/paka/
太陽光発電 福岡
http://www.yokohamah.jp/
オリジナルのマグカップを作製!
http://www.mugpremium.com/

Last update:2015/3/26